アメリカ留学に帯同する妻の日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカに来てしばらく経つと、英語が大して話せなくても、それなりに生活していけるようになります。

家の中では日本語のみ。
電話やレストランでは旦那さんが話してくれる。
英会話の先生やクラスメイトとは、それぞれの英語の癖を理解しているので何となく会話が通じる。

日々の生活では困ることはありません。
それどころか、友達が増えて色んな会話ができるようになってくると、「私、もしかして英語のレベル上がったかも!?」と、錯覚さえしてきます。

そんな気持ちになっていた、渡米してから約1年になろうとしていた時のこと。

図書館で勉強していた合間に小腹がすいたので、スムージーを買おうと、フレッシュジュースのお店に行きました。その場でフルーツをミックスしてスムージーを作ってくれるタイプのお店。

いつもは旦那さんが頼んでくれていたのですが、この日は一人で来店。

レジの頭上にあるメニューを見て、オレンジ系のスムージーを頼みました。

すると、

レジの人「はぁっ?」

(よく聞き取れない時、日本語だったら首をかしげて「ん?」ってソフトに聞き返してくれますが、英語ネイティブは、「Huh?」って吐き捨てるような、強い口調で聞き返してきます。これ、慣れないとすごい威圧感を感じます。怖くて最後まで慣れなかった。)

私、ジュースの名前を言い直す。

すると金額を言われたので、あ~良かった、頼めたと思ってレシートを受け取り、出来上がるのを待ちました。

オレンジ色っぽいのが出て来たら私のだから、そしたら行こう、と思い、カウンターを眺めていました。

何人かが受け取り、次に出てきたジュース。

・・・誰も取りに行かない。
でも、そのジュースは紫色。

・・・私のじゃないはず。

また店員がジュースの名前を繰り返す。(早口なので、何て言っているか私にはよく聞こえない。)

・・・誰も取りに行かない。

私、レシートを恐る恐る店員に見せる。

・・・ジュースを渡されました。紫色のジュースを。オレンジ系のを頼んだのに。


悔しかったです(笑)
アメリカに来てもう1年近く経つのに、ジュースひとつ頼めない。
あぁ、英語もっとがんばろう、そう思った瞬間でした。


スポンサーサイト
(2015年6月)

ラスベガス発着の、2泊3日グランドサークルツアーに参加してきました

【ザイオン国立公園】
グランド1

ユタ州にある国立公園。壮大な岩壁と渓谷が美しい公園です。
この岩壁は、コロラド川の支流ノースフォークバージン川による侵食によって出来たものだそう。
一番下の層は、約2憶5千万年も前の層。長い時間の流れを感じます。

ザイオンa

ザイオンに到着後、ロッジ前の芝生でお弁当を食べ、その後、無料シャトルバスに乗っていくつか見どころへ移動しました。

シナワバ大寺院(Temple of Shinawava)
 シャトルバスの終点で、ここからリバーサイドウォーク・トレイルに出発。往復約1時間のトレイル。

ウィーピング・ロック(Weeping Rock)
 崖の側面が通路のように削られて、歩いて入っていける場所があり、そこに行くと頭上の岩肌から、雪解け水が降り注いでいました。ここからエンジェルス・ランディングを眺望。約30分のトレイル。

ケーブルマウンテン

白い王座(Great White Throne)
 高さ2056mもある一枚岩。一枚岩としては、世界で2番目の大きさ。

ザイオン国立公園では、ロッククライミングの他、様々な難易度のトレイルを楽しむことができますが、私たちが今回行ったのは初心者向けのトレイルのみ。妊娠中期だった私でも無理なく歩けました。

(リバーサイドウォーク・トレイル)
ザイオンb

緑と水が多く、歩いていて気持ちのいい公園でした。


【パウエル湖】

パウエル

ザイオンを出発し、初日はパウエル湖まで移動して、湖畔のロッジに宿泊。
パウエル湖は、ユタ州とアリゾナ州にまたがり位置する、人工湖。周辺都市への電力・水の供給を目的として、アメリカ政府が1956年にダム(Glen Canyon Dam)の建設に着工。その結果、全長300kmもの人口湖が出現したそうです。

現在では観光地となり、ボートやウォータースポーツを楽しんだりできます。また、「猿の惑星」など多くの映画の撮影場所にもなっています。

私たちは夕方から朝まで滞在しただけだったので、湖畔のお散歩を楽しみました。


【アンテロープキャニオン】
2日目の午前中は、アンテロープキャニオンへ。アンテロープキャニオンは、鉄砲水と風が長い年月をかけて砂岩を侵食することで創られたキャニオンで、アリゾナ州に位置しています。岩壁の隙間から太陽光が差し込んで地層を照らし、神秘的な風景を楽しむことができます。

またここは、先住民族ナバホ族の居住区域内のため、観光するにはナバホ族のガイドが必要になります。

アンテロープbb

ガイドさんとの集合場所から現地へは、ジープにて移動。窓のないジープなのに、猛スピード(笑)

アンテロープキャニオンは、アッパーキャニオンとローワーキャニオンに分かれていますが、私たちはアッパーキャニオンへ向かいました。
キャニオンの中は、細かい砂ぼこりが舞いやすいので、ちょっとむせました
そして念願の写真撮影ですが、ガイドさんがカメラの設定から撮影スポットまで、色々細かく教えてくれたので、カメラ初心者でも神秘的な写真を撮ることができました

グランド2

グランド3

写真撮影に夢中になってしまったけれど、もう少し目で見てゆっくり楽しんでも良かったのかなとも思いました。


グランドサークルツアー、長くなってきたので、続きはまた書きます




2016年12月に、米国公認会計士の試験に全科目合格することができました

アメリカで3科目(REG、AUD、FAR)合格し、最後の1科目(BEC)は日本受験にて合格しました。

18か月の期限(US CPA試験では、初めに合格した科目の受験日から数えて18か月以内に全科目を合格しないと、18か月を過ぎた科目は合格が失効になっていってしまいます。)に焦り、もうダメでもいいか・・・と思った時もありましたが、途中で辞めずに挑戦し続けて良かったです。

受験を終えてみて、

この試験は、勉強を始める時にイメージしていたよりも、ずっとボリュームが多く大変な試験でした。
18か月の期限も、あっという間に来てしまうところでした。

何とかやりきることができたのは、家族のサポートがあったからこそです
特に旦那さんが育児家事をたくさん手伝ってくれたおかげで、試験前にまとまった時間、勉強することができました。旦那さんにはたくさん迷惑をかけてしまったと思うけれど、最後まで応援してくれて、本当に感謝しています。

これからは、年内にライセンス取得の手続きを進めようと思っています。
また、ブログでは、科目別の勉強方法などについても、少しずつ記録を残していこうと思います

夏にアメリカから本帰国をしてから、既に数か月が過ぎ、2017年を迎えました。

今更ですし、全くタイムリーではありませんが、

アメリカでの思い出を記録に残したいので、

また少しずつ記事を書いていきたいと思います。

ESLの先生が、おもしろい動画を紹介してくれました

よく母親が子どもに言う言葉が、びっしりと歌の中に詰め込まれています

リンク↓↓「The Mom Song 」
https://www.youtube.com/watch?v=RxT5NwQUtVM


それに対する子どもの返事バージョンもありました。

リンク↓↓「The Child Song (Answer to the Mom Song) 」
https://www.youtube.com/watch?v=Ce9b-o8RqOM


おもしろいし、英語の勉強になります
娘とこういう会話をするのは、まだまだ先のことですけどね。

産後3週間頃から、毎週、アメリカ人のHome visitorの方に来て頂いています

家に来て、子どもの月齢に合った遊び方を教えてくれたり、子育ての相談に乗ってくれたりします。

たぶん私より少し歳下のお姉さんで、年齢が近いので友達のような感覚

彼女は、「赤ちゃんの脳や体はこういう風に発達していくよ」とか、「安全面ではこういうことに気を付けたらいいよ」とか、「こうすると育児が少し楽になるよ」とか、「近くでいつPlay Group(小さい子の集まり)があるよ」とか・・・ためになる資料も毎週持ってきてくれます。

子育てが初めての私にとって、とても心強い存在です。

娘ともたくさん遊んでくれるので、娘もHome visitorさんのことが、すごく好きみたいです

(最近読んでもらった絵本↓↓)
絵本


こんな感じで、毎週楽しく1時間~1時間半を過ごしているのですが、
何とこのサービス、無料なんです

地域の民間NPOが、こういったサービスをしてくれているみたいです。本当にありがたいです

少し前に、生後3か月の娘を連れて、ベビーザらスへ買い物に行った時のこと。

レジにて・・・
(アメリカでは、レジの人がよく話しかけてきます。)


レジのおばちゃん 「まぁかわいい赤ちゃん!いま何か月?」

わたし 「いま3か月です。」

レジのおばちゃん 「あらそぅ。大変な時期だと思うけど、子どもはあっという間に大きくなっちゃうから、子育て楽しんでね。」

わたし 「ありがとう。楽しみます。」

レジのおばちゃん 「そうそう、それがいいわよ。うちの子なんて、あっという間にもう35歳と40歳だから!

わたし 「・・・!!!」


いくら早いとは言っても、35と40って、早すぎでしょ(笑)
今週は、バドミントンクラブ内トーナメントでした

昨日4試合全部勝って、今日は準決勝を24-22、24-22の接戦で勝ち、決勝へ。

決勝は18-21、15-21で負けてしまいましたが、2位になることができました

クラブ内のお楽しみのトーナメントではありましたが、勝てて嬉しかった

景品はと言うと、Money笑。タオルとかTシャツとかではないんですね。

お小遣い程度の金額でしたが、バドミントンに行っている間に子守りをしてくれた夫に、お礼の気持ちをこめて渡しました

あぁ楽しかった
汗もかいて肌の調子も良いし、運動って気持ちがいいな
日本では、乳児用の粉ミルクって、「一度沸騰させて少し冷ましたお湯」で溶かしますよね。

アメリカの粉ミルク缶には、「水」で溶かせばよい、と書いてあるんです

さすがアメリカ!
めんどくさいことは好まない。
きっと、水に溶けやすい粉を開発したんだろうな。

と思って水で溶かしてみると・・・

全然溶けてない。。。

哺乳瓶を思いっきり、そしてたくさん振っても、まだダマが少し残っているレベル。

そうか。アメリカ人は、最初からきっちり溶かそうとは思っていなくて、「大体溶けていればオーケー!」と思っているのか。と、そう理解しました。


そして、もっと合理的だなと思ったのがこれ。


液体ミルク!!

milk1

日本でも売ってるのかな。

左のボトル(約60ml入り)の白いキャップを外して、右側の専用ニップルに付け替えれば、すぐに授乳できるという優れもの。

milk2

授乳後はそのまま捨てられます。ボトルを洗う必要も無し!

何てアメリカらしい(笑)

使用期限まで1年あるって、どんな保存料が入っているのかと思うと少し怖いですが、
入院中に、ミルクを足す時にこれをどうぞと、液体ミルクを頂きました。
病院で勧めているくらいのものだから、安全なのかな。

ちなみに値段は1本約1ドルと高め。粉ミルクの方が圧倒的に安いです。
また液体ミルクは、個人的な感想としては、匂いがちょっと独特できつい気がします。

ただ、この液体ミルク、東日本大震災の時には海外メーカーから寄付されて、被災地の赤ちゃんを助けたそうですね。
日本でも売っていたら、帰国後には、備蓄用に買うのもありかなと思います。
台湾人の友達が、アメリカ人の彼と結婚することになり、ウエディング・セレモニーに行って来ました

彼女は、カフェで定期的に集まっておしゃべりする4人友達の一人
カフェで報告を聞いたときには、みんなで大喜びしました。

ウエディング・セレモニーが行われた場所はというと、何と裁判所!!

どうして裁判所なのかな、と思ってアメリカでの結婚手続きを調べてみました。

アメリカで結婚する場合、

カウンティーオフィス(County Clerk's Office)に申請して、まず結婚許可証(Marriage Licnese)を取得する。

結婚式を、結婚許可証の有効期間内に挙げる。

挙式を執り行った人が結婚許可証を事務局に提出し、婚姻が登録されると、婚姻証明書(Marriage Certificate)が発行される。

という手続きを踏みます。
この③において挙式を執り行う人が「裁判官」であれば裁判所で、「牧師や神父」であれば教会等で結婚式が行われることになります。
友達の場合は前者だったんですね。



さて当日

wedding.jpg

空港で受けるようなセキュリティチェックを受けて裁判所に入ります。携帯電話は持ちj込み禁止なので、車の中へ。

その日は、挙式を挙げるカップルが3組いたため、前の2組が終わるまでみんなで待機。
みんなと言っても、新郎新婦と、新婦の友達4人、新郎の友達3人の計9人。
新婦はとてもシンプルな白のウエディングドレス。女性ゲストは結婚式二次会くらいのワンピース、男性は全員スーツでした。

順番が来て法廷に入ってから式が終わるまではあっという間で、約10分くらいでしたが、とても和やかで幸せにあふれた結婚式でした
ゲストは傍聴席から写真・ビデオの撮影。
式自体は、教会式と同様に、誓いの言葉・指輪の交換・署名・キスなどがありました。
また、立会人の署名が必要とのことで、ゲストのうち2人がサインしました。


結婚式の後は、みんなでランチをして、花のきれいな公園で記念撮影
公園が遠かったので、まだ生後3か月の娘を連れて長時間の外出は難しく、私はランチまでの参加となりました。残念。。。
すらっと背が高く、美男美女の二人なので、いい写真がいっぱい撮れただろうなぁ。

でも、大好きな友達の結婚式に参加できて、とっても幸せな気持ちになれました。

たくさん撮った写真やビデオでムービーを作って、二人にプレゼントしたいなと思っています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。